6/28 I家

印度産緑御影石での施工です。 緑系の石で、石目が細かく濃い色が特徴。インドの緑系の代表的な石。石質は硬く、吸水率も低く、耐久性に優れている。産出量は少なく、高級墓石材として、洋型墓石・和型墓石に使われることが多い。

6/26 K家

外柵G603石 (中国産の石材の中で最も有名な石である。稲田石に似た粗目で、薄茶色を帯びている。中国材としては古くから輸入され、使用量は最も多い石である。石質も安定しており、経年変化が少ない石として安心して使用できる) 石塔印度黒御影石 (黒系の石で、石目が細かく濃い色が特徴。インドの黒色の最高級石材。

6/24 O家

印度産緑御影石での施工です。 緑系の石で、石目が細かく濃い色が特徴。インドの緑系の代表的な石。石質は硬く、吸水率も低く、耐久性に優れている。産出量は少ないが、インドの緑系の石の中では手頃な石である。高級墓石材として、和型墓石に使われることが多い。

6/22 I家

外柵G603石 (中国産の石材の中で最も有名な石である。稲田石に似た粗目で、薄茶色を帯びている。中国材としては古くから輸入され、使用量は最も多い石である。石質も安定しており、経年変化が少ない石として安心して使用できる) 石塔印度黒御影石 (黒系の石で、石目が細かく濃い色が特徴。インドの黒系の代表的な石。石質は硬く、吸水率も低く、耐久性に優れている。産出量は少なく高級墓石材として、洋型墓石に使われることが多い。

6/20 I家

外柵G603石 (中国産の石材の中で最も有名な石である。稲田石に似た粗目で、薄茶色を帯びている。中国材としては古くから輸入され、使用量は最も多い石である。石質も安定しており、経年変化が少ない石として安心して使用できる)石塔 福建省産のグレー系の石としてよく知られている。同じG654系の石の中では最も目がはっきりしている。吸水率も低く、石質もよく、長泰654とともに人気の高い石である。栗花石とも呼ばれる。採石場の中には多くの丁場があり、産出量も安定している。和型墓石、洋型墓石、外柵材としても多く使われている。

6/14 H家

外柵G603石 (中国産の石材の中で最も有名な石である。稲田石に似た粗目で、薄茶色を帯びている。中国材としては古くから輸入され、使用量は最も多い石である。石質も安定しており、経年変化が少ない石として安心して使用できる) 石塔印度黒御影石 (黒系の石で、石目が細かく濃い色が特徴。インドの黒系の代表的な石。石質は硬く、吸水率も低く、耐久性に優れている。産出量は少なく高級墓石材として、洋型墓石に使われることが多い。

6/10 H家

中国産の白系墓石材として古くから知られている。比較的、色ムラ、キズ、玉も少なく供給も安定している。大材のとれることでも知られている。安定した人気がある。石塔から外柵材として使われているが、石質が軟いことから、磨き加工よりタタキ加工がよい

6/3 S家

ピンク色の小目の石で、「中国ピンク」「中国桜御影」とも呼ばれている。最初は環境石材として採掘されていたが、洋型墓石が増加するとともに、墓石材として使われることが多くなっている。明るい色調で女性に人気が高い。色むらがなく、石塔の他、外柵材としての利用も多い。

5/25 C家

印度産緑御影石での施工です。 緑系の石で、石目が細かく濃い色が特徴。インドの緑系の代表的な石。石質は硬く、吸水率も低く、耐久性に優れている。産出量は少ないく高級墓石材として、和型墓石に使われることが多い。

5/18 N家

福建省産のグレー系の石としてよく知られている。同じG654系の石の中では最も目がはっきりしている。吸水率も低く、石質もよく、長泰654とともに人気の高い石である。栗花石とも呼ばれる。採石場の中には多くの丁場があり、産出量も安定している。和型墓石、洋型墓石、外柵材としても多く使われている。

5/9 O家 

G614石 中国産の白系墓石材として古くから知られている。比較的、色ムラ、キズ、玉も少なく供給も安定している。大材のとれることでも知られている。安定した人気がある。石塔から外柵材として使われているが、石質が軟いことから、磨き加工よりタタキ加工がよい